YKK ap 九州研修センター

操業 昭和50年2月 敷地総面積 342,000㎡

「窓」をはじめとした建築用プロダクツを通して健康で快適な暮らしをスローガンに身体にいい素材使用の大切さを痛感しました。

ショールーム及び研修センター

インパクトがあってデザインフレームとルーフ使用で高級感のある仕上がりになっています。その他、建物が生きる建物に合わせたデザイン、飽きの来ない使い勝手等々の提案モデルルームでした。