里山のある暮らしをテーマにした、『里山住宅博 in KOBE』へ行ってきました。

「里山」での暮らしをテーマにした住宅展示場、『里山住宅博 in KOBE 2016』へ見学に行ってきました。

里山住宅博 in KOBE 2016 公式サイト| https://kobe-sumai.jp/

その名のとおり、郊外の「里山」の一角に「木の家」にこだわった家を集め、街自体をデザインしたような新しいタイプの展示場でした。

街自体が自然と共生することをテーマにしているため、敷地を囲むブロック塀やアルミ製のカーポートなどは見当たりません。

そのかわり、区切りが必要なところには植栽を植えたり、自然由来の床材や壁材を使用したりしているそうです。

それぞれの工務店や設計士が個性を出しつつ、ゆるやかに自然と繋がった、統一感のある街並みが印象的でした。

ちなみにこの街、会期後はそのまま入居することができ、実際に人が暮らす街となるのだそうです。